面接対策

企業やお店に勤めようとして筆記試験や面接を受けますが、筆記試験では合格しても面接で落とされることがしばしばですね。


面接対策ではその企業やお店について詳しく知っておくことが必要ですから、その企業やお店のことを勉強しておきましょう。

面接では基本的に履歴書や学生以外では職務経歴書を参考にして話が進みますから、このような書類はしっかりと必要事項に記入しておくことです。

それから、面接対策で大切なのは時間に遅れないことです。面接当日は少なくとも15分前までには面接場所に行って手続きを済ませておくようにしましょう。

次に面接対策として面接会場への入室から着席までの挨拶が大切です。


名前を呼ばれたらまずドアを軽くノックして「どうぞ」と言う声がかかってからドアを開けて部屋の中に入り、静かにドアを閉めて面接担当者に向かってお辞儀をしましょう。
それから面接用の椅子まで歩いて、立ったままで自分の氏名を名乗って、「よろしくお願いします」とはっきり言います。

この時に大声を出す必要はありません。


面接では、はっきりと受け答えをするようにして、分からないことは正直に分かりませんと言いましょう。
分かったようなふりをすると後が続かなくなることがあり、返答がしどろもどろになってしまいます。

面接が終わったら「ありがとうございました」と会釈し、立ち上がってもう一度頭を下げましょう。

なお、面接時に絶対にしてはいけないのは貧乏ゆすりとしゃべり過ぎ、他社の悪口などです。

迷惑電話対策

迷惑電話に悩まされた経験がある人は多いでしょう。


迷惑電には無言電話やいたずら電話、わいせつな電話があります。

このような迷惑電話対策は、まずすぐに受話器をとらないようにしましょう。


留守番電話機能を録音状態にしておいて相手の声を確認してから応答するようにするのが一番確実な方法で、途中で電話に出ることが出来なければ全部受けてから用事のある人にはこちらからかけ直すようにします。
無言電話ではこちらから喋りかけないことが大切で、相手が黙っていたらこちらも黙っているようにしましょう。

そのうちに相手は諦めて電話を切ります。


勿論すぐにこちらで電話を切ることも出来るのですが、この場合しつこくかけ直してくる無言電話もあるようです。

わいせつな電話では、こちらが相手の挑発に乗らないことが大切で、受け答えは厳禁です。
しつこいセールスや勧誘の迷惑電話対策では、このような電話での応対は曖昧な返事や受け答えは禁物で、はっきりと断るようにしましょう。


それでも相手が食い下がったら、こちらから一方的に受話器を下ろして電話を切ります。
それでもしトラブルになった場合には消費生活センターなどに相談しましょう。

間違い電話も迷惑電話ですが、以前他人が使っていた電話番号ならばこの種の迷惑電話はやがて無くなるでしょう。

その電話をかけている相手を確認して、間違いであることをはっきり告げましょう。
迷惑電話対策としては、この他には電話番号を変更することや、NTTの050あんしんナンバーの利用も考えられます。

迷惑メール対策

迷惑メールはパソコンなどでメールをする人の大半が多かれ少なかれ被害者です。
したがって、迷惑メール対策は必要なのですが、そのために大切なメールまでが送受信出来なくなっては困ります。

迷惑メールも様々で、いつどういう方法でメールアドレスを入手したのか見当がつきかねる宣伝メールや架空請求、カード番号を不正に取得しようとする悪質なメールや怪しげなアダルトものなどがあります。


迷惑メール対策でこのような迷惑メールが来る度に自分のメールアドレスを変更する訳にもいきません。
迷惑メール対策にパソコン上で送信者を削除するテクニックがありますが、これは一時的なもので、相手は別のメールアドレスを使ってメールを送りつけますから万全の対策ではないようです。

しかし、このパソコンでの迷惑メール受信拒否はある程度の効果は期待できますから試す価値はあるでしょう。

その他の迷惑メール対策として、まず迷惑メールへの返信は絶対にしないことです。
アダルト広告や怪しげな懸賞、心当たり無いメールでは、解除方法が書かれていてもそこを不用意にクリックしないようにしましょう。


送られてきた迷惑メールを他人に転送することもしてはなりません。

そして、何よりも大切なのは自分のメールアドレスを安易にネット上に公表しないことです。
さらに、架空請求での詐欺事件が多発していますから、身に覚えが無い怪しいメールの場合は十分に調べるか徹底的に無視するようにしましょう。

法令線対策

法令線は別名を鼻唇溝(びしんこう)とも言いますが、文字通り両小鼻から口元に向かってできる八の字状の皺(溝)のことで、年齢を重ねると誰にでも出てくるものです。

法令線対策は法令線が出来やすくなる原因を可能な限り防いで予防することです。
そのための法令線対策は体の外と中で行いますが、外の対策としては出来るだけ紫外線が顔に当らないようにします。
体内での対策はタバコを吸わないことで、喫煙は体内のビタミンCが破壊されますから法令線が目立ってきてしまうのです。


そして、ビタミンCは法令線の予防に大切なコラーゲンの生成を助けますから、法令線を消すのには肌の弾力を取り戻すためにたんぱく質のコラーゲンを多く摂りましょう。

コラーゲンを多く含む食材は豚肉、ゼラチン、牛筋肉、軟骨の唐揚げ、鶏肉の皮、魚の皮などがありますが、サプリメントやドリンク、コラーゲンパウダーもあります。


また、不規則な生活をしていて睡眠不足になると肌の老化が加速されてしまいますからストレスを溜め込まないで良く眠ることも法令線対策になります。

次に法令線対策としては顔のたるみを解消するメイクがあります。


つまりメイクで鼻から口元への法令線を隠すのですが、同時に肌の保湿も欠かせません。
さらに、エクササイズとしては顔全体を縦に思い切り引き伸ばし、今度は出来るだけ縮めることでも法令線は目立たなくなります。

いずれにしても法令線は年を重ねると目だってきますから、人間の宿命のようなものですが、樹木に例えれば年輪のようなものかも知れません。

不眠症対策

不眠症になるとひどい場合にはうつ病にもなってしまいますから、不眠症にならないための対策はとても大切です。
不眠症でもそれが軽い場合は適度な運動をして体を動かして疲れさせることで眠れるようになるでしょう。


つまり体を疲れさせることが不眠症対策になります。

また、ホットミルクなど温かい飲み物を寝る前に飲むのもリラックスできますから不眠症対策として効果的です。


突発的に起きる不眠はストレスが溜まってイライラしていることがありますので、寝る前に気分を楽にして、軽いストレッチ体操をして温かいミルクを飲んだりしてみましょう。しかし、このような不眠症対策の効果には個人差がありますから、別に自分に合った対策法を見つけなければなりません。

どうしても寝付くことが出来ない原因には冷え性などもありますし、内臓の具合が悪いためもありますから、そのような時には内科などで医師に相談して、しかるべき検診をしてもらうことも必要でしょう。

誰にでも、どうしても眠れない夜があるものです。

昼間の大きな出来事が頭から離れないとか、テレビを見過ぎて神経が興奮していたりするとなかなか寝付くことができませんし、自律神経のバランスが崩れたりすると不眠症の状態になることがあります。


そのような場合は寝る時に枕を抱えることでお腹に安心感が出てくるので眠ることができます。

ところが、今までは良く眠ることが出来たのに、急に寝付かれなくなり毎晩不眠状態が続くというような場合には気づかないストレスや内蔵疾患が不眠症の原因かも知れませんから診察やカウンセリングを受けるようにしましょう。

貧血対策

貧血にも色々なタイプがありますが、血液中の赤血球の主要成分はヘモグロビンで、ヘモグロビンに鉄分は欠かせませんから、鉄欠乏性貧血は主に鉄分が不足すると起こります。

貧血の8割以上が鉄欠乏性貧血だと言われていますが、貧血にはこの他にも再生不良性貧血や巨赤芽球性貧血、溶血性貧血などがあります。
ここでは一番多いとされている鉄欠乏性貧血の貧血対策を考えてみます。
鉄欠乏性貧血の貧血対策は食事療法で、食事に気をつければかなり改善できます。


通常1日に必要な鉄分の量は男性で10〜12mg、女性で15〜20mgですが鉄の吸収率は約10%程度ですから、必要な量を食事で摂ったとしても実際にはわずか1〜2mgほどしか吸収されません。

そして、鉄分は体内では生産できませんから日頃の食事で補給するのが貧血対策には大切になります。


では、鉄分を多く含む貧血に良い食べ物は何でしょうか。

答はレバーで、鉄分を含みなおかつビタミンB群も豊富なレバーはまさに理想的な食材です。
ヘム鉄とたんぱく質が豊富な牛や豚などの赤味の肉も貧血対策には良いですし、マグロやカツオ、アサリ、シジミなどの魚介類もお勧めです。


なお、赤血球を造るためにはビタミンB12や葉酸やビタミンB6も必要ですから、卵黄やオートミル、ピーナッツ、くるみ、ほうれん草、ブロッコリーなども食べるようにしましょう。
またビタミンCが多いパセリやほうれん草、小松菜などを肉や魚など一緒に摂ると効率よく鉄分が補給できます。

さらに、ひじきなどの海藻類や豆腐などの大豆製品にも鉄分が多く含まれています。

熱中症対策グッズ

熱中症は外の暑さのために体温があがってしまい、体の中の水分や塩分が少なくなりめまいや立ち眩みが起きて体調が悪くなります。

熱中症には御年寄りや幼児だけでなく、暑い日にちゃんと水分や塩分を補給しないで仕事をしたりスポーツをしたりする若い人でもひどい場合には死亡に至ことがあります。


この怖い熱中症にならないように色々な熱中症対策グッズが考えられています。
夏には色々な熱中症対策グッズがお店やインターネットで販売されていますが、その主なものは首筋や肩を冷やすものです。

熱中症の程度は症状により様々ですが、めまいや立ちくらみ、汗が止まらない場合は熱中症対策グッズで首筋や肩を冷やし、同時に水分や塩分を補給するようにしましょう。


これらの熱中症対策グッズには主に保冷剤が使われていますが、首に巻くタオルやスカーフから頭を冷やすヘルメットタイプや日よけを兼ねた帽子、額に巻いて顔と頭を冷やすバンドタイプ、さらには上半身を涼しくするチョッキなどがあります。

保冷剤が入った冷却袋もありますからこれを脇に挟んで体を涼しくすることができますしドライ構造のTシャツなどもあります。


さらに熱中症対策グッズには体を冷やすスプレーやジェルもあります。

なお、熱中症対策グッズは体の中でも主に頭や首筋、肩などを涼しくするものですが、熱中症では体の中の水分や塩分が不足しますから、塩飴を舐めたり、水分を少しずつ小まめに飲むようにしましょう。

地震対策

地震はいつ、どこで起こるのか分かりませんし、そのゆれの強さもまちまちです。実際に震度4以上の大きな地震はしばしば起きていますから地震対策は常日頃から心得ておきたいものです。


大きな揺れを感じたらまず身の安全が最優先ですから部屋に居る時は机やテーブルの下に入り、慌てて外に飛び出さないようにしましょう。
揺れがひどいとドアや窓が開かなくなることがありますからドアや窓を開けるようにします。


調理などで火を使っている場合はすぐに火を消したいのですが、揺れが激しいと出来ない場合があります。


そのような時には火の様子を見て揺れが少し収まったところで火を消してください。
それから、大きな地震では余震がありますからタンスや本棚、冷蔵庫などには近づかないようにして、ラジオやテレビなどで正しい情報を聞くようにします。

外にいて強い揺れを感じた時には近くの空き地や丈夫な建物の中や街路樹の下に逃げるようにしましょう。


地下街は地上よりも揺れが少なく安全ですから慌てないで落ち着いて行動してください。
デパートやスーパーでは陳列ケースや商品柵から離れるようにして、従業員の誘導に従って避難しますが、エレベーターではなく階段を使います。

映画館や劇場では座席を上げてその場にしやがみ込んでカバンなどで頭を保護しましょう。
駅のホームでは柱などにつかまって時刻表示版や蛍光灯、モニターカメラから離れてください。


自動車運転中に揺れを感じた時には急ブレーキをかけないで徐行して、車を道路の左側に停めてキーをつけたまま車から離れます。

海岸では津波の危険がありますからただちに高台などへ避難しましょう。

地球温暖化対策

地球温暖化とは空気中のCO2やメタン、亜酸化窒素などの温室効果ガスの濃度が増えて地球の表面温度が上昇することです。
地球温暖化に関するある報告ではCO2などの温室効果ガスの濃度が今のままで増えていくと今世紀末には地球の平均気温が1.4〜5.8℃も上昇するそうです。


地球上の温度は日射エネルギーが熱に変わり、地表面から放射された赤外線の一部が温室効果ガスに吸収されるので北極や南極、熱帯地方はともかく常に適度な温度に保たれています。
ところが私たちの生活に必要な電気やガスなどを作り出す火力発電所などでは化石燃料を燃やす際に出るCO2や亜酸化窒素などが大気中に広がり、そのために温室効果ガスの濃度が上昇し、多くの赤外線が温室効果ガスに吸収されてしまい地表の温度が上昇するのです。


ですから、地球温暖化対策で私たちにできることは温室効果ガスが増える原因になるCO2やメタン、亜酸化窒素などを出来るだけ減らすことです。


具体的な地球温暖化対策は、太陽光発電にしたり、家庭での無駄な電気エネルギーの使用を控えることが大切です。


そのためにエアコンの温度を下げたりテレビやDVD機器を省エネタイプのものにして電気照明をこまめに消して、いわゆる省エネをすることや自動車から出る排気ガスを減らすためにハイブリッド車や電気自動車にするなどです。

多汗症対策

体内には2つの汗線がありますが、このうちの片方から必要以上に汗が分泌される現象を多汗症と言います。


現在多汗症の原因ははっきりとは特定されていませんが、ストレスが原因とも言われていますから、多汗症対策ではストレスを溜めないことが大切でしょう。


しかし、多汗症の原因はストレスだけに限定されてはいません。
多汗症対策では1日に3食をしっかりと摂り栄養バランスのとれた食生活の改善や運動後の制汗剤の利用も効果的とされています。

多汗症を引き起こさないためには、このように生活習慣を見直すことが大切ですが、ひどい場合は医師の診察と指導を受けるようにしましょう。


多汗症対策の基本はバランスの取れた規則正しい食事を心がけて早寝早起きをして、ゆっくりと仕事の疲れを癒すための時間を確保することです。

リラックスする時間を増やせば蓄積されたストレスは少なくなり、多汗症を予防できます。

その他の多汗症対策としては水分調節を適切に行うことと脂肪分が多い食べ物を控えるなどの食事対策があります。


水分を取ると血液の流れがスムーズになり、逆に水分を抑えると血行が悪くなりますから、汗をかいたときに嫌な臭いがします。

ただし、水分や脂肪分の摂りすぎも考え物ですが、水分を制限し過ぎたり脂肪分を摂らないと脱水症など、多汗症とは別の症状を引き起こされたりしますから水分も脂肪分も適度に摂ることが大切です。

静電気対策


静電気は冬の乾燥した状態でよく発生しますが、嫌なもので多くの人が悩まされています。

静電気対策として一般的なのは静電気防止スプレーですが、静電気防止リストバンドは、野菜やフルーツを触るだけでも静電気が起きるようなかなり静電気に敏感な人には効果があります。
また、静電気軽減シートにはマグネットがついていますから、車のドアや玄関に貼るだけで簡単に静電気を防止できます。


冬場、車から降りるときにドアノブで静電気を感じる人は多いのですが、その場合は手のひらを車体の金属部分に触れたままで車から降りると非常に効果があります。車の金属部分ではなく、窓などに触れてドアを閉めるのも良いでしょう。


ハンカチなどを使って車のドアノブを開け閉めするのも効き目があります。

さらに静電気防止靴もあり、静電気防止の中敷を敷く方法もありますし、静電気除去機能がついたカイロも静電気対策には効果があります。


素材がポリエステルの衣類を洗濯後に着ると静電気がひどくなりますが、そのような場合はグリセリンを洗濯機に入れてみましょう。
グリセリンにはクエン酸や酢以上の静電気防止効果がありますし、静電気防止剤入りの洗剤もかなりの静電気抑制効果があります。


室内での静電気対策では加湿器を使うとか部屋に洗濯物を干したりしてある程度乾燥を防ぎ、観葉植物を置いて、ドアノブには布カバーをしましょう。

女性の場合はスカートの静電気対策では柔軟剤や静電気防止スプレーがありますが、ストッキングに髪用のリンスを薄めて使うのも良いでしょう。

口臭対策

口臭対策
日本人は臭いに関して敏感なほうのようですし、自分の口臭は自分では分からないものですが、他人迷惑な口臭もあります。


口臭の元は糖尿病や高血圧症、動脈硬化や高脂血症、歯周病などの生活習慣病です。
したがって、口臭対策としては良い生活習慣を身につけて成人病や歯周病にならないように気をつけることが大切です。
歯周病の予防は毎日のブラッシングで歯垢を取り除いて、歯石を作らないようにして虫歯や歯周病予防をすれば悪化は防げます。


また、肥満も生活習慣病ですから、食べ過ぎや運動不足はしっかり改善していきましょう。
さらに、口の中が渇くと口臭の原因になりますから、口臭対策として口の中の潤いを取り戻すのに保湿剤を使うことも良いでしょう。


保湿剤は最近ではジェルタイプや、マウスウォッシュタイプなどがあります。
ジェルタイプは保湿力に優れていますし、マウスウォッシュタイプは、口中の洗浄効果とともに口中も潤してくれますからとても効果的です。


舌にできる苔のようなものも口臭の原因になりますから気をつけるようにしましょう。
口臭対策は生活環境の改善が大切ですし、口の中を乾燥させないことと、歯周病の予防に併せて歯を守るブラッシングが欠かせません。


そして、口の中の唾液の分泌量が減ると口臭の原因になりますから、常に水分を補給しましょう。


それから、空腹時などの口臭にも水分補給は効果がありますが、水やスポーツドリンクが良く、炭酸飲料水やジュースなど糖分の多い飲み物は効果がありません。

結露対策

結露対策
朝、窓ガラスなどに露のように水分がついているのが結露ですが、部屋の中に湿気が多いようで気分が良くないものです。

このような状態になるのは室内と外の温度差があるからですが、結露を防ぐためには部屋の中で出来るだけ水分を発生させないことです。


また、結露対策で大切なのは自然換気をすることで、窓を開けて風通しを良くすることです。
冬に石油ストーブやファンヒーター等を暖房で使っていると燃料中の水蒸気を放出しますから、室内の水分が増えて、窓の外の温度との差が大きくなり結露が発生しやすくなります。


したがって、結露対策には暖房器具選びが重要になってきますが、湿気があまり出ない暖房器具はエアコンや床暖房等です。

ただし、エアコンなどの暖房機器でも設定温度をあまり上げ過ぎないように注意しましょう。
また、湿度を上げないためには室内に洗濯ものなどを干さないことや加湿器を使い過ぎないことです。


結露対策には温度と同時に湿度にも気を配ることが必要ですから、時々換気扇を回して暖かい部屋の空気を外に出し、寒い部屋側から乾いた空気を取り入れましょう。
そして、当然のことですが除湿機で部屋の湿度を調整することも結露対策としては有効ですから、窓ガラスの結露を拭き取った後で除湿機を使って室内の湿気をとるようにします。

その他の結露対策としてタンスなどの家具は壁にぴったりと付けないである程度の隙間をつくるようにしましょう。

乾燥対策

乾燥対策
湿度が下がる日本の冬には湿度が下がって乾燥状態になりますから、エアコンなどの空調設備が完備していない室内では何らかの乾燥対策が必要になります。
乾燥した状態の部屋に居る時間が多くなる冬には肌にしわが増え易くなったり髪も乾いて潤い不足でパサパサになったりします。


室内で出来る簡単な乾燥対策には電気を使う加湿器の使用があります。
加湿器も大袈裟なものではなく、最近ではペットボトル型の加湿器もあり、コンセントに電源を差し込むだけで手軽に使用することが出来ます。


そして、部屋が乾燥していると、喉も乾燥しますしウィルスが付き易くなり風邪を引いたりしますから、部屋を適度な湿度に保つことは大切です。


意外に思われるかも知れませんが室内の乾燥対策には観葉植物も効果がありますから、観葉植物の鉢植えを置いてみるのも良いでしょう。
それから、加湿器の代わりに濡れたタオルなどを1枚部屋の中に干しておくだけでも効果があります。


なお、寒い日に暖房をつけている場合は、一時間に一度は部屋の換気をすると効果があり、立派な室内の乾燥対策になります。


加湿器を使う乾燥対策では、加湿し過ぎると今度は湿気が増えてしまいますから、部屋に湿度計を取り付けて湿度計を目安にすることも必要でしょう。


さらに、乾燥対策では火の始末に特に注意する必要があります。
煙草の不始末や静電気が原因になる事故もありますから火気には十分気をつけるようにしてください。

花粉症対策


花粉症はアレルギーの一種ですが実に多くの人が花粉症で悩まされています。
花粉症の現れ方は個人差があり、鼻水が止まらないとか目が痛い、頭痛がするなどさまざまです。


花粉症対策ではアレルギーに効く薬もありますが、まずは食生活の改善を考えてきましょう。
日本人は本来脂っこいものはあまり摂りませんが最近では食生活の欧米化で体質が変わって来ています。

花粉症対策の一つは脂質のものを多く食べないことと、揚げ物やドレッシング、マヨネーズ類を取り過ぎないようにすることです。


それから花粉症対策として乳酸菌がお勧めで、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品を食べるようにします。
花粉症対策に効くサプリメントがありますが、サプリメントは信頼のおけるものを選ぶようにしましょう。

食事と併せて花粉症対策としてのマスクも有効ですが、マスクは花粉が入り込まない構造になっている必要があります。


花粉症対策のマスクは普通のガーゼのものでは効果が期待できません。
自分の顔の大きさにぴったりと合い、付けた時に花粉が入り込まない様に隙間ができないマスクが何よりも大切です。

また、漢方薬にも花粉症に効くものがあり、小青竜湯は体を温めて寒気を取り除くことで風邪を発散する作用があります。
この漢方薬は鼻水や涙目、咳にも効果がありますから、花粉症では最初に処方されることの多い薬ですが、風邪や気管支炎、喘息など幅広く応用されています。

加齢臭対策


加齢臭の原因はノネナールという物質で、加齢臭が臭い始める一般的に40歳を超えた中高年の男女に多い臭いです。

加齢臭対策にはりんご酢を飲むのが良いとされていて、りんごと酢で高い消臭効果が望めます。


また、りんご酢は飲む以外にもサラダドレッシングとして利用できますし、料理の調味料としても利用できます。


次にストレスを予防することも加齢臭対策です。


ストレスを感じると体内に活性酸素が発生して過酸化脂質が大量に増加するからで、そうすると加齢臭の元になるノネナールが増えてしまうのです。


また、加齢臭のもとになる活性酸素を増やさないためには食事にビタミンCやEなどを摂り入れることで、ビタミンCやEが抗酸化作用を持ってますから加齢臭対策になります。


この抗酸化作用を持つ食事は野菜や魚介類を中心とした日本食で、肉類など脂質や動物性たんぱく質を多く含む食材は加齢臭だけではなく体臭全般に影響します。


さらに、ビタミンCなどを多く含むみかんやレモン、キウイ、イチゴ、グレープフルーツ、柿、レモンやキウイ、ブルーベリーやブドウなども加齢臭対策には有効です。


玄米ごはんや大豆を使った味噌や豆腐、梅干や魚介類なども加齢臭を抑えますし、ほうれん草やピーマン、小松菜やトマトなども食べましょう。


さらに、効果的な加齢臭対策はシャワーではなく適温の湯船にゆっくりとつかることで、いつも体の中と外からのケアで加齢臭対策を心がけましょう。

円高対策

円高対策

円高とは主に米ドルやユーロと日本円の為替レートで円の価値が上がることですが、行き過ぎた円高は日本にとって好ましいことではありません。そのために円高対策として日本の政府・日銀がドルを積極的に買ったり、日銀が設定する民間金融機関への貸出金利を下げるなどの方策がとられています。


円高とは例えば1米ドルが120円と同じ市場価値なのに為替市場が1米ドルは80日本円と同じ価値があると考えた時に起こります。


円高になると輸出企業にはマイナスになりますが逆に輸入業者にはプラスになります。
ここでは円高対策として円高のメリットとデメリットを見て私たちの日常生活にどう生かせるかを考えてみましょう。


これは円高対策というよりは円高のメリットを私たちの生活に応用する方法ですが、私たちに出来る円高対策とも言えます。


まず、円高になると輸入される商品価格が下がります。
例えば1米ドルが120円の時には100米ドルで輸入した商品は1.2万円ですが、1米ドルが80円になれば8千円になりますから、同じ輸入品が安く買えます。


これは海外旅行にも言えることで、円高になると海外旅行代や海外で買うお土産も沢山買えることになります。
しかし、このような円高のメリットを利用する方法は決して円高対策ではありません。


輸出企業では円高になっても企業に利益が出るようにそれぞれが米ドルやユーロと日本円の為替レートを想定して、たとえ円高になっても対処できるように工夫しています。
つまり製品を輸出する前に円高対策として1米ドルは○○日本円だと想定し、その想定に基づいた製造体制や販売体制を決めています。

メタボ対策

メタボ対策
メタボは万病の元になりますからメタボ対策は肥った人にはとても大切になりますね。

メタボ対策はカロリーを摂り過ぎないこととカロリーの消費を図ることですから、日頃の食生活を見直して低カロリーに改善をして適度な運動をすることが大切です。


そのためにはダイエットがありますが、ダイエットは正しく実行しないとマイナスの場合がありますから自分の体や体調に合ったダイエットを心がけてください。


また、メタボ対策にはライフスタイル全体に気をつけましょう。
例えば働いていた人は定年退職の後ではライフスタイルが変わりますから、つい食べ過ぎて運動不足になり勝ちです。


食事や飲み物などでのカロリーの摂り過ぎと運動不足、さらには不規則な生活習慣がメタボの大敵だと思うようにしましょう。


メタボ対策はなによりも予防が大切ですが、既にメタボの人もそうでない人も定期的な健康診断を受けるようにしたいものです。


そして運動を勧められた場合のダイエットのコツは出来るだけ低カロリーなものを食べることですが、薄味の食事を腹八分目にして、体に無理のない運動をすることです。
ただし、余りにも過激な小食や過度な運動はかえって逆効果になりますから注意しましょう。


メタボ対策は食事は腹八分目、カロリーの高い食べ物を摂り過ぎないこと、そして体に合った体操やジョギング、ウォーキングなどでカロリーを消費させることです。
暴飲暴食と運動不足に気をつけて規則正しい日常生活を心がけるようにしてくださいね。

つわり対策

つわり対策
妊娠すると特に初期にはつわりが妊婦には辛いものですね。
つわりは吐き気や嘔吐だけでなくイライラ感が増したり眠さが強くなったり、時には下痢や便秘になることもあります。


自分で出来るつわり対策はリラックスするのが大切で、妊婦にストレスがなくゆったりとしていることが胎児への一番の栄養になるそうです。
このようにストレスを溜めないようにするのにはそパートナーである夫の協力も大切ですから妊娠した妻には優しくしたいものです。


また、つわりでご飯が炊ける匂いがダメな人もいますが、そのような時には夫がご飯を炊くようにしましょう。


また、つわり対策には指圧などで体のツボを刺激するとつわりが改善されることもあります。


しかし、つわりの症状が極端にひどい場合には体調を悪化させることもありますから病院で診療を受けるようにしましょう。
つわりの辛さはなかなか周囲には分かってもらえませんから、妊婦は精神的にも弱ってしまいます。


そして結果的にはストレスを溜め込んでしまいますから、周りの家族や友人知人の妊婦への理解も間接的なつわり対策になります。
いずれにしても、今のところつわり対策にはこれという決め手はありませんから、つわりがひどい時には我慢をしないで病院で相談することでしょう。


点滴を受けて入院すると主治医がきちんと対応してくれますから、精神的にも安心でき、ストレスが解消されてつわりの症状が軽くなっていく場合もあります。

ストーカー対策

特に若い女性に多いのがストーカーのトラブルです。この種のトラブルは決して単純なものではなく極めて犯罪性のものが多発しています。

平成12年11月に「ストーカー行為等の規制等に関する法律(いわゆるストーカー規制法)」が施行されました。


この法律の中でのストーカー行為としては、つきまとい、待ち伏せたり住居に押しかけたりすることなど8つの項目がありますが、あくまでも法律であってストーカー対策ではありません。

実際のストーカー対策は結局のところ警察にとどけて、併せて自衛することでしょう。


実はストーカー行為の9割以上は面識のある人物によるもので、ストーカー行為の原因の9割以上が恋愛感情から発したものです。


なかなか出来ることではありませんが、ストーカー対策として相手が顔見知りの場合には、自分には恋愛感情がないことをはっきりと伝えることで、曖昧な態度はいけないとされています。

さらに、弁護士でも信頼のおける友人などの第三者を交え、その相手との話し合いの場を設けましょう。


次に見知らぬストーカー被害に対するストーカー対策ですが、これは独りで住んでいると思わせないようにすることです。

それから固定電話にコードレス電話を使用していると簡単に外でストーカーに会話を傍受されたりしますから要注意です。


さらに、ゴミ袋には気をつけることで、見知らぬストーカーは狙った相手が出したゴミ袋を家へ持ち帰って開けて、中を分析してそこから生活環境を割り出そうとしたりするそうです。

スズメバチ対策

スズメバチ対策
スズメバチに刺されたための死亡事故が毎年のように起こっています。


自治体などによる地域的なスズメバチ対策としては定期的なススメバチの巣の駆除や野外の点検がありますが、これだけでは安全とは言えないのが実情です。

そこで、もし野外や家の近くでスズメバチに出会った場合や刺された時のスズメバチ対策について考えてみましょう。


季節的には夏から秋にかけてスズメバチの活動が活発になりますからスズメバチに突然遭遇する危険性があります。

そして、スズメバチの中でもオオスズメバチとキイロスズメバチは攻撃性が強いので注意が必要です。


スズメバチ対策はとにかく巣に近づかないことや巣を刺激しないことです。
もし、スズメバチを見かけたらどこへ向かって飛んで行くかを見きわめます。


スズメバチが藪の中に入ったらそこに巣がある可能性がありますから近づかないことです。
スズメバチに刺された場合には出来るだけ刺されたところから毒液を素早く絞りだして、毒を水で洗い流してすぐに病院に行くことです。

毒液を絞りだすのには口で毒を吸うようなことをしてはいけません。


通常の場合、アレルギーがなければ刺さても問題はありませんが、刺されて30分以内に全身にじんましんが出たり、めまいや意識障害、呼吸困難などのアレルギー症状が出た場合は出来るだけ早く病院に行くようにしてください。


もし、このようなアレルギー症状があるのに我慢したりするとそれこそ命取りになりかねなく、毎年スズメバチで30人ほどの人が死亡しています。

ゲリラ豪雨対策

ゲリラ豪雨では突発的に局所的に大変な豪雨が降り、住宅の床上浸水や山地での土砂流や崖崩れなどを起こします。

このゲリラ豪雨対策は今の天気予報ではなかなか予測ができなませんが、ある程度は天気図でゲリラ豪雨が発生しやすい大気状態かどうかを判断することは可能です。


また、私たちに出来るゲリラ豪雨対策はテレビやラジオ、インターネットなどで最新の降雨状況を確認することで、早めの非難などで被害を最小限に抑えることです。
地方自治体などによるゲリラ豪雨対策は都市部低地に浸水警報装置を設置することですが、私たちの普段からの心構えも大切になります。


普通の雨の日の散歩で家の周囲の状況を確認して、河川の増水で橋や道路まで水が来ないかどうかを確認しましょう。

次に家のバルコニーの鉢植えや物干し台などをしっかり固定します。


それから浸水する可能性がある出入り口などに止水板を置き、板が水圧で倒れないように大き目のゴミ袋に水を半分ほど入れて水嚢を作って板に当てます。

土を入れたプランターをシートで巻いても止水板になります。


また、水を吸い込むとふくらんで土嚢袋と同じ働きをする吸水ゲル水嚢なども市販されています。

そして、ゲリラ豪雨対策では、大雨で水道や電気やガスなどが止まり道路が寸断される可能性がありますから、食料や日用品、カセットコンロ、防水懐中電灯、携帯電話充電器、医薬品、などを日頃から用意しておきましょう。


カラス対策

カラスはなかなか賢い鳥でカラスのゴミ荒しは日本中で問題になり、様々なカラス対策が以前から考えられていますが、本当に有効なカラス対策は易しいものではないようです。

カラス対策で単純で確実な方法は、ゴミ袋にネットなどの障害物を被せてカラスが中のゴミをつつけないようにすることで、多くの家庭ではゴミネットを使っています。


また、カゴタイプのものはネットよりもカラス対策に効果がありますが、両方とも気をつけなければならないのが夜中の野良猫のゴミあさりです。
夜中に野良猫がゴミアサリをするとゴミがネットやカゴから出てしまい、早朝にカラスがそのゴミをつつきます。

このようなネコによるゴミあさりを防ぐためにはゴミをポリ容器に入れて蓋をすることでしょう。



ゴミを入れる袋そのものにカラス対策を施す方法がありますが、一部の自治体では黄色い半透明のゴミ袋が導入されています。


このゴミ袋には特殊な顔料が入れられていて紫外線をカットしますからカラスにはゴミ袋の中が分からないのです。

この他にもカラスが嫌がるカプサイシンという物質を袋に混ぜてカラスがつつかないようにするゴミ袋もあります。


また、カラスが近づかないようにするのには、CDを木の枝に吊るしておくとカラス対策に効果があることが分かっています。

そして、このようにカラス対策にはゴミ袋やゴミネット、ポリ容器などがありますが、カラス対策には地域ぐるみの協調が大切なのは言うまでもありません。

いびき対策

いびきは殆どの人が程度の差こそあれ寝ている時にかくものですが、独りだけなら構いませんが他人迷惑なものです。

このいびき対策にはいろいろな方法がありますが、もっとも手軽な方法は横向きになって寝ることで、横向きに寝ると喉の呼吸の通りがスムーズになるのでいびきをかかなくなります。

それでもひどいいびきをかくようでしたら、耳鼻科などの専門医で診察してもらうようにしましょう。


いびきは睡眠時無呼吸症候群などのリスクもありますから、ひどいいびきをかく場合はしかるべき専門医の診察を受けてください。
普通のいびきでは、家庭で簡単にできるいびき対策があります。

誰にでも出来るいびき対策は、早寝早起きの習慣を身につけることが第一です。


また、寝る時に首に負担のかからないような枕を選ぶこともいびき対策になりますが、枕は熟睡して心身の疲れをとるためには大切な寝具です。
さらに、一般的に肥って人はいびきをかきやすいのでダイエットなどで減量したり食事の量を減らすようにしましょう。


そして、お酒は酒量を減らし、禁煙をすることもいびき対策になります。

さらに、寝る時の環境もいびきに関係しますから、部屋の湿度管理に気をつけて乾燥し過ぎないようにしましょう。


また、うつぶせに寝ることで、気道を圧迫することがなくいびきが防止されるので、うつぶせ寝健康法という方法もあります。

いずれにしても寝ている時にリラックスできるような方法を考えて同じ横向きでも左右により異なりますから、喉の呼吸がスムーズになるようにしましょう。


イノシシ対策

イノシシ対策
イノシシは里山が減った今では、餌が少なくなり畑や都市部でもイノシシによる被害が多く、畑やゴミ捨て場が荒らされたり人が襲われたりします。


そのため様々なイノシシ対策が全国各地で実施されていますが、イノシシは極めて学習能力が高い動物です。

ですからその時には有効なイノシシ対策をしても、イノシシがその対策に慣れてくるとそのイノシシ対策の効果は弱くなってしまいます。


イノシシは滅多に人を襲うことはないのですが、突然人に向かって体当たりをしてきます。
このような時には正直なところ対策はありませんから、出来る限りイノシシを避けるようにすることです。


畑でのイノシシ対策で効果があると言われているのが電気柵の設置ですが、電気柵はイノシシが飛び越えないように張らなければなりません。

別のイノシシ対策はネットを張ることも効果的で、コストも安くて済みますし、トタンの柵で畑の中が見えないようにするのも効果があります。

さらに、イノシシが嫌がる木酢液の匂いのイノシシ忌避液も利用するとイノシシ対策には有効です。


効果的なイノシシ対策としては電気柵とネット、忌避液などのイノシシ対策グッズを併用することと、大切なことはこの対策を継続することです。

なお、電気柵は電気ショックでイノシシが驚いて、逆に前に突進してきて電気柵が壊されてしまうこともありますが、そこで止めないで柵を修理してイノシシ対策を継続することです。

あせも対策

あせも対策

あせもは汗の出口が何らかの理由でふさがれて炎症が起こりますが、一般的には赤いあせもの事で、あせもをかいた部分がとても痒くなります。


そして、赤いあせもは皮膚の少し深いところに出来きますが、白いあせもは皮膚の浅いところに出来きます。

あせもができた場合のあせも対策はまずは汗をかいたままにしておかないことで、こまめに濡れタオルで汗を拭き取ることです。


あせもは汗の溜まりやすい額や後頭部の髪の生え際、さらには首筋、肘の内側や膝の裏側にできやすいものですから、このような場所はいつも汗が出たらすぐに拭き取るようにしましょう。

それでもひどいあせもが出来てしまった場合のあせも対策は医師の処方に従って適切な外用剤を塗ることです。


なお、アトピー性皮膚炎の人にとってはあせもの予防は大切です。

アトピー性皮膚炎は乾燥する季節に悪化することが多ので、あせも対策として汗をきちんと拭きとって清潔に保つことを心がけ、常にスキンケアをしましょう。


誰でもあせもができると痒いのでつい爪で痒いところを掻いてしまいますが、皮膚の抵抗力が特にアトピー症の人の肌は強くないために掻いたところに雑菌が入りやすくなります。


そして、アトピー症の人は汗をかいたらこまめに拭き取ることと、汗を吸収しやすい素材の衣服を着用することです。

また、入浴やシャワーなどで常に皮膚を清潔に保つことを心がけましょう。


さらに、あせもができてしまった時には専門医の診察を受けて、適切な外用薬をあせもの部分に塗るようにしましょう。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。