カラス対策

カラスはなかなか賢い鳥でカラスのゴミ荒しは日本中で問題になり、様々なカラス対策が以前から考えられていますが、本当に有効なカラス対策は易しいものではないようです。

カラス対策で単純で確実な方法は、ゴミ袋にネットなどの障害物を被せてカラスが中のゴミをつつけないようにすることで、多くの家庭ではゴミネットを使っています。


また、カゴタイプのものはネットよりもカラス対策に効果がありますが、両方とも気をつけなければならないのが夜中の野良猫のゴミあさりです。
夜中に野良猫がゴミアサリをするとゴミがネットやカゴから出てしまい、早朝にカラスがそのゴミをつつきます。

このようなネコによるゴミあさりを防ぐためにはゴミをポリ容器に入れて蓋をすることでしょう。



ゴミを入れる袋そのものにカラス対策を施す方法がありますが、一部の自治体では黄色い半透明のゴミ袋が導入されています。


このゴミ袋には特殊な顔料が入れられていて紫外線をカットしますからカラスにはゴミ袋の中が分からないのです。

この他にもカラスが嫌がるカプサイシンという物質を袋に混ぜてカラスがつつかないようにするゴミ袋もあります。


また、カラスが近づかないようにするのには、CDを木の枝に吊るしておくとカラス対策に効果があることが分かっています。

そして、このようにカラス対策にはゴミ袋やゴミネット、ポリ容器などがありますが、カラス対策には地域ぐるみの協調が大切なのは言うまでもありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183450991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。