円高対策

円高対策

円高とは主に米ドルやユーロと日本円の為替レートで円の価値が上がることですが、行き過ぎた円高は日本にとって好ましいことではありません。そのために円高対策として日本の政府・日銀がドルを積極的に買ったり、日銀が設定する民間金融機関への貸出金利を下げるなどの方策がとられています。


円高とは例えば1米ドルが120円と同じ市場価値なのに為替市場が1米ドルは80日本円と同じ価値があると考えた時に起こります。


円高になると輸出企業にはマイナスになりますが逆に輸入業者にはプラスになります。
ここでは円高対策として円高のメリットとデメリットを見て私たちの日常生活にどう生かせるかを考えてみましょう。


これは円高対策というよりは円高のメリットを私たちの生活に応用する方法ですが、私たちに出来る円高対策とも言えます。


まず、円高になると輸入される商品価格が下がります。
例えば1米ドルが120円の時には100米ドルで輸入した商品は1.2万円ですが、1米ドルが80円になれば8千円になりますから、同じ輸入品が安く買えます。


これは海外旅行にも言えることで、円高になると海外旅行代や海外で買うお土産も沢山買えることになります。
しかし、このような円高のメリットを利用する方法は決して円高対策ではありません。


輸出企業では円高になっても企業に利益が出るようにそれぞれが米ドルやユーロと日本円の為替レートを想定して、たとえ円高になっても対処できるように工夫しています。
つまり製品を輸出する前に円高対策として1米ドルは○○日本円だと想定し、その想定に基づいた製造体制や販売体制を決めています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。