加齢臭対策


加齢臭の原因はノネナールという物質で、加齢臭が臭い始める一般的に40歳を超えた中高年の男女に多い臭いです。

加齢臭対策にはりんご酢を飲むのが良いとされていて、りんごと酢で高い消臭効果が望めます。


また、りんご酢は飲む以外にもサラダドレッシングとして利用できますし、料理の調味料としても利用できます。


次にストレスを予防することも加齢臭対策です。


ストレスを感じると体内に活性酸素が発生して過酸化脂質が大量に増加するからで、そうすると加齢臭の元になるノネナールが増えてしまうのです。


また、加齢臭のもとになる活性酸素を増やさないためには食事にビタミンCやEなどを摂り入れることで、ビタミンCやEが抗酸化作用を持ってますから加齢臭対策になります。


この抗酸化作用を持つ食事は野菜や魚介類を中心とした日本食で、肉類など脂質や動物性たんぱく質を多く含む食材は加齢臭だけではなく体臭全般に影響します。


さらに、ビタミンCなどを多く含むみかんやレモン、キウイ、イチゴ、グレープフルーツ、柿、レモンやキウイ、ブルーベリーやブドウなども加齢臭対策には有効です。


玄米ごはんや大豆を使った味噌や豆腐、梅干や魚介類なども加齢臭を抑えますし、ほうれん草やピーマン、小松菜やトマトなども食べましょう。


さらに、効果的な加齢臭対策はシャワーではなく適温の湯船にゆっくりとつかることで、いつも体の中と外からのケアで加齢臭対策を心がけましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。