結露対策

結露対策
朝、窓ガラスなどに露のように水分がついているのが結露ですが、部屋の中に湿気が多いようで気分が良くないものです。

このような状態になるのは室内と外の温度差があるからですが、結露を防ぐためには部屋の中で出来るだけ水分を発生させないことです。


また、結露対策で大切なのは自然換気をすることで、窓を開けて風通しを良くすることです。
冬に石油ストーブやファンヒーター等を暖房で使っていると燃料中の水蒸気を放出しますから、室内の水分が増えて、窓の外の温度との差が大きくなり結露が発生しやすくなります。


したがって、結露対策には暖房器具選びが重要になってきますが、湿気があまり出ない暖房器具はエアコンや床暖房等です。

ただし、エアコンなどの暖房機器でも設定温度をあまり上げ過ぎないように注意しましょう。
また、湿度を上げないためには室内に洗濯ものなどを干さないことや加湿器を使い過ぎないことです。


結露対策には温度と同時に湿度にも気を配ることが必要ですから、時々換気扇を回して暖かい部屋の空気を外に出し、寒い部屋側から乾いた空気を取り入れましょう。
そして、当然のことですが除湿機で部屋の湿度を調整することも結露対策としては有効ですから、窓ガラスの結露を拭き取った後で除湿機を使って室内の湿気をとるようにします。

その他の結露対策としてタンスなどの家具は壁にぴったりと付けないである程度の隙間をつくるようにしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189913187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。