多汗症対策

体内には2つの汗線がありますが、このうちの片方から必要以上に汗が分泌される現象を多汗症と言います。


現在多汗症の原因ははっきりとは特定されていませんが、ストレスが原因とも言われていますから、多汗症対策ではストレスを溜めないことが大切でしょう。


しかし、多汗症の原因はストレスだけに限定されてはいません。
多汗症対策では1日に3食をしっかりと摂り栄養バランスのとれた食生活の改善や運動後の制汗剤の利用も効果的とされています。

多汗症を引き起こさないためには、このように生活習慣を見直すことが大切ですが、ひどい場合は医師の診察と指導を受けるようにしましょう。


多汗症対策の基本はバランスの取れた規則正しい食事を心がけて早寝早起きをして、ゆっくりと仕事の疲れを癒すための時間を確保することです。

リラックスする時間を増やせば蓄積されたストレスは少なくなり、多汗症を予防できます。

その他の多汗症対策としては水分調節を適切に行うことと脂肪分が多い食べ物を控えるなどの食事対策があります。


水分を取ると血液の流れがスムーズになり、逆に水分を抑えると血行が悪くなりますから、汗をかいたときに嫌な臭いがします。

ただし、水分や脂肪分の摂りすぎも考え物ですが、水分を制限し過ぎたり脂肪分を摂らないと脱水症など、多汗症とは別の症状を引き起こされたりしますから水分も脂肪分も適度に摂ることが大切です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194097330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。