熱中症対策グッズ

熱中症は外の暑さのために体温があがってしまい、体の中の水分や塩分が少なくなりめまいや立ち眩みが起きて体調が悪くなります。

熱中症には御年寄りや幼児だけでなく、暑い日にちゃんと水分や塩分を補給しないで仕事をしたりスポーツをしたりする若い人でもひどい場合には死亡に至ことがあります。


この怖い熱中症にならないように色々な熱中症対策グッズが考えられています。
夏には色々な熱中症対策グッズがお店やインターネットで販売されていますが、その主なものは首筋や肩を冷やすものです。

熱中症の程度は症状により様々ですが、めまいや立ちくらみ、汗が止まらない場合は熱中症対策グッズで首筋や肩を冷やし、同時に水分や塩分を補給するようにしましょう。


これらの熱中症対策グッズには主に保冷剤が使われていますが、首に巻くタオルやスカーフから頭を冷やすヘルメットタイプや日よけを兼ねた帽子、額に巻いて顔と頭を冷やすバンドタイプ、さらには上半身を涼しくするチョッキなどがあります。

保冷剤が入った冷却袋もありますからこれを脇に挟んで体を涼しくすることができますしドライ構造のTシャツなどもあります。


さらに熱中症対策グッズには体を冷やすスプレーやジェルもあります。

なお、熱中症対策グッズは体の中でも主に頭や首筋、肩などを涼しくするものですが、熱中症では体の中の水分や塩分が不足しますから、塩飴を舐めたり、水分を少しずつ小まめに飲むようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。