不眠症対策

不眠症になるとひどい場合にはうつ病にもなってしまいますから、不眠症にならないための対策はとても大切です。
不眠症でもそれが軽い場合は適度な運動をして体を動かして疲れさせることで眠れるようになるでしょう。


つまり体を疲れさせることが不眠症対策になります。

また、ホットミルクなど温かい飲み物を寝る前に飲むのもリラックスできますから不眠症対策として効果的です。


突発的に起きる不眠はストレスが溜まってイライラしていることがありますので、寝る前に気分を楽にして、軽いストレッチ体操をして温かいミルクを飲んだりしてみましょう。しかし、このような不眠症対策の効果には個人差がありますから、別に自分に合った対策法を見つけなければなりません。

どうしても寝付くことが出来ない原因には冷え性などもありますし、内臓の具合が悪いためもありますから、そのような時には内科などで医師に相談して、しかるべき検診をしてもらうことも必要でしょう。

誰にでも、どうしても眠れない夜があるものです。

昼間の大きな出来事が頭から離れないとか、テレビを見過ぎて神経が興奮していたりするとなかなか寝付くことができませんし、自律神経のバランスが崩れたりすると不眠症の状態になることがあります。


そのような場合は寝る時に枕を抱えることでお腹に安心感が出てくるので眠ることができます。

ところが、今までは良く眠ることが出来たのに、急に寝付かれなくなり毎晩不眠状態が続くというような場合には気づかないストレスや内蔵疾患が不眠症の原因かも知れませんから診察やカウンセリングを受けるようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197669973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。