迷惑電話対策

迷惑電話に悩まされた経験がある人は多いでしょう。


迷惑電には無言電話やいたずら電話、わいせつな電話があります。

このような迷惑電話対策は、まずすぐに受話器をとらないようにしましょう。


留守番電話機能を録音状態にしておいて相手の声を確認してから応答するようにするのが一番確実な方法で、途中で電話に出ることが出来なければ全部受けてから用事のある人にはこちらからかけ直すようにします。
無言電話ではこちらから喋りかけないことが大切で、相手が黙っていたらこちらも黙っているようにしましょう。

そのうちに相手は諦めて電話を切ります。


勿論すぐにこちらで電話を切ることも出来るのですが、この場合しつこくかけ直してくる無言電話もあるようです。

わいせつな電話では、こちらが相手の挑発に乗らないことが大切で、受け答えは厳禁です。
しつこいセールスや勧誘の迷惑電話対策では、このような電話での応対は曖昧な返事や受け答えは禁物で、はっきりと断るようにしましょう。


それでも相手が食い下がったら、こちらから一方的に受話器を下ろして電話を切ります。
それでもしトラブルになった場合には消費生活センターなどに相談しましょう。

間違い電話も迷惑電話ですが、以前他人が使っていた電話番号ならばこの種の迷惑電話はやがて無くなるでしょう。

その電話をかけている相手を確認して、間違いであることをはっきり告げましょう。
迷惑電話対策としては、この他には電話番号を変更することや、NTTの050あんしんナンバーの利用も考えられます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。