面接対策

企業やお店に勤めようとして筆記試験や面接を受けますが、筆記試験では合格しても面接で落とされることがしばしばですね。


面接対策ではその企業やお店について詳しく知っておくことが必要ですから、その企業やお店のことを勉強しておきましょう。

面接では基本的に履歴書や学生以外では職務経歴書を参考にして話が進みますから、このような書類はしっかりと必要事項に記入しておくことです。

それから、面接対策で大切なのは時間に遅れないことです。面接当日は少なくとも15分前までには面接場所に行って手続きを済ませておくようにしましょう。

次に面接対策として面接会場への入室から着席までの挨拶が大切です。


名前を呼ばれたらまずドアを軽くノックして「どうぞ」と言う声がかかってからドアを開けて部屋の中に入り、静かにドアを閉めて面接担当者に向かってお辞儀をしましょう。
それから面接用の椅子まで歩いて、立ったままで自分の氏名を名乗って、「よろしくお願いします」とはっきり言います。

この時に大声を出す必要はありません。


面接では、はっきりと受け答えをするようにして、分からないことは正直に分かりませんと言いましょう。
分かったようなふりをすると後が続かなくなることがあり、返答がしどろもどろになってしまいます。

面接が終わったら「ありがとうございました」と会釈し、立ち上がってもう一度頭を下げましょう。

なお、面接時に絶対にしてはいけないのは貧乏ゆすりとしゃべり過ぎ、他社の悪口などです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217395307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。